無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
【シリアのサラケップ周辺に多く住むベドウィンの衣装】
0
    070914

    名古屋の民族衣装蒐集家さんに本当に甘えまくってたくさんの貴重な
    衣装を着用すると言う貴重な体験をしてきました。

    この衣装はシリアのサラケップ周辺に多く住むベドウィンの衣装で
    顔を隠すのに被ったのはブルカ・スカーフというもので
    19世紀前半の物。
    ブルカをしてスカーフを被るものだけど
    イスラム男性が被っている「カフィーヤ」と同様、
    スカーフの被り方も様々だそうです。

    私はチャドルのようなシンプルな顔を覆うものしかないと思ってたので
    こんなに装飾品のついたものがあるのが意外でした。
    何気にとても高級感があって高貴な感じがする。
    | いかりん | ★変身写真(中近東・アフリカ) | - | - | - | - |